FC2ブログ

unending bloody call 全クリしました^^

ストーリーはそのままPC版の移植ですね。
追加で後日談とオマケストーリーが追加されてます。
PC版が凄く好きで、後日談が気になってる人であれば限定版を1980円だったら高くはないかな・・・。な出来です。

このゲーム、シナリオやキャラ、声優さん的にも悪くはないのでしょうが、システムが快適ではないのでオススメはできません。
直ぐに止まってしまう、固まってしまう、音声オフにしても読み込み音半端ないです。
本編をプレイするだけなら、PC版を購入した方がさくさく動くので楽です。
画面が大きいので渉くんのぼこられっぷりもガタガタっぷりも気にならなかったのですが、PSP画面だとどうしても小さいので、・・・鬱陶しいです^^;
あ、本編はシリアスですがおまけの「NEDE会議」は面白いですよ。
PC版のソフマップ特典と話がつながっていたのでちょっとビックリしましたけど、知らなくても楽しめると思います。
PC版プレイした方々には是非プレイしていただきたいですね。
・・・とはいえ、やはりゲームの仕様に多々問題があるので通常版を980円くらいで売っていたらプレイして欲しいです。
後日談のさらに続き(?)っぽいイラストが限定版の冊子で楽しめるのでそういった類が気になるのでしたら限定版をオススメします。
個人的には結構好きな作品だったのでPSP版も楽しみだったのですが、ここまで欠陥の多いソフトだとテンションも下がってしまいますね^^;

さて、次のゲームへいくとしますか。
スポンサーサイト



後日談クリアしました^^

本編がシリアスだったので甘いシナリオを期待していたんですが、EDを迎えるまでの過程を思えばしんみりしたのが多かったように思えます。
とはいえ、ED後から数年後設定のキャラもいましたし、「恋人同士」というより「夫婦」みたいな感じのキャラもいましたね。
ジンとハルファスはそんな印象でした。
そして、ハルファスががっつり双葉ちゃんに手を出しててビックリしました^^;
いや、印象としては「結婚してから!」とかたくなになってそうな感じだったので、余計にでしたね。
双葉ちゃんも大学通いながらアルバイトをして自活してましたし、高校は卒業してましたけど・・・せめて大学卒業までは待っててあげようよ・・・とか普通に思いました;
ですが、子供も授かってて幸せそうでた。
早くに家族を亡くしてしまったハルファスにとっては凄くうれしいことですよね~
案外子煩悩になるのでは?とか思いますね。
双葉ちゃんに対しても凄く過保護でしたし。

ジンの後日談・・糖度はあまり感じられませんでしたね;。
「家族」や生まれ育った場所から離れてジンと生活してるんですが、やっぱり寂しいようで・・・。
双葉ちゃんが寂しがってるのをジンはわかってるんですが、強く何かを言うわけではないんですよ。
すれ違い話かな??とか思ってたら「いつまでも二人でいるわけではなく増えることもあるんだよ」と随分と前向きで男らしいな台詞を双葉ちゃんが言ってました。
そんな返答が返ってくるとは思っていなかったのかジンも「!?」な反応でしたねw
まさか妊娠中!?とかあらぬ誤解をしつつ「二人で楽しい家庭を作っていこう!」と最後はほのぼのになりました。
選択次第では双子+双葉のお母さんが登場してわいわいほのぼのしますけど最終的には「今後も二人で頑張ろう」と落ち着くみたいです。
・・・ところでこの後日談のジンって何して収入を得てるんでしょうかね?
それだけは切実に気になりました。
だってハルファスは学校の先生をしてるんだもん。
ジンだって何かしてるハズですよね・・・?
深く考えたらダメなんでしょうか。

カイン後日談では弟のアベルが可愛くって良かったですvv
あんな子に「お姉さん」って呼ばれたい!
ED後すぐのところから話はスタート。
兄を殺そうとした罪悪感で引きこもりになってしまったアベルが外に出てくるまでのお話ですw
「恋人同士」のお話というより「家族」の話みたいでしたね。
アベルの体調を気にしてご飯を運ぶ双葉ちゃん、アベルの外出用の服を購入しに行こう!とカインを励ます双葉ちゃん。
フォロー力が大幅にアップしてる双葉ちゃんにビックリです。
わだかまりも無くなって三人でピクニックへいくというほのぼので終わりました。
三人で幸せになってくれ!と切実に思いましたね。

渉の後日談は・・・まぁ相変わらずツンツンツンデレでしたね;
ウエディングドレスを見て「綺麗だな~」とか言ってる双葉ちゃんの隣で「こんなに高いのに着る機会って一度だけだろ!?ありえねぇ~」とか言ってしまうデリカシーの無さは相変わらずでした。
その後なんだかんだで凛ちゃんにぼこられてしまったので気持ちは晴れましたが。
好意を表に出すのが恥ずかしいと思うのはわかります。
外出先で手をつなぐことですら抵抗があるのも、まぁ思春期の男子にはありがちなのかもしれませんけどそれで双葉ちゃんと気まずい雰囲気になるならそんな羞恥心捨ててしまえ!!とか思いましたね。
とはいえ、渉後日談は結構甘くて唯一「結婚式」がありました!
式代は出世払いですけどね(苦笑
早く落ち着いた男性に成長してほしいものです^^;
ついでにいうと、凛ちゃんの婚約者が凄く気になります!
もしかしたら後日談で登場するかも!!とか思ってたのですが登場しませんでした・・・残念。
男前な彼女に惚れられてる男性ってどんな人なのか気になりますよね。

さて、後日談は終わったので「NEDE会議」をプレイすることにします。
これってPC版のソフマップ特典とか後日発売されたボイスドラマCD関係っぽいですよね。
どれだけコミカルな内容なのか楽しませてもらいます♪

Bloody Call おまけプレイ中

やっと終わったのでアフターストーリーを楽しんでますv
黎明と司狼のアフターは、甘いというより出だしが思った以上に切ないです;;
え?後日談だよね!?
ハッピーED後だよね??とプレイ中何度も思いました。
そして、まさかの朝チュン・・・。
どちらにもあるとはおもいませんでしたorz
黎明まで!?とか思ったのは私だけではないはずです^^;

黎明のアフターは「ボス」と「部下」の関係じゃなく「恋人としての時間が欲しい」と双葉ちゃんが悩むお話でした。
もしかして私の「好き」と黎明の「好き」は違うんじゃあ??とか女の子ならではの悩みが微笑ましい。
しかし、途中の選択肢ひとつで劇的ビフォーアフターを味わうことになるとは;
いや、最終的に甘かったのでいいんですけどね。

司狼のアフターは思った以上にシリアスでした。
本編の司狼ルートを知ってるだけに。
「いつか」に怯えて、いつでも離れれるように距離を置かれてしまうんですが双葉ちゃんが思った以上に司狼の感情に敏感でびっくりしました。
そういった機微には鈍い印象を受けていたので^^;
さすが司狼のために命を差し出しただけありますね!
あのときの司狼号泣スチルは素晴らしくいい仕事をしていましたv
そして、問題の途中選択肢・・・こちらでも劇的ビフォーアフターを楽しめます(苦笑
個人的にはどちらも朝チュン仕様ではない方がシナリオが好きです。
二人で「恋愛をしていく」って感じがして好きですね。

引き続き後日談を楽しみます^^

双子をクリアしました。

「Bloody Call」プレイ中~
・・・・このゲーム、すぐに固まりますね・・・;
セーブ画面から戻ってきません、ロード画面から戻ってきません、とか多すぎです^^;
我が家のPSP本体の調子がおかしいのでしょうかねぇ(遠い目

ゲームを楽しむよりもそちらの方が気になって集中できませんよ~
まぁ、内容は知っているのでほぼスキップなんですけど。
うろ覚えのところだけ読んだりしてます。
声優豪華なのにPSP版の評判が悪いのわかる気がしました;

最近のゲームはインストールとか普通にありますけど、この頃のゲームはインストール必須じゃなかったんですかね?
まぁ頑張ってコンプリートします。
だってオマケが気になりますから!

上から順番に

本棚から溢れてて、なおかつ箱が大きいのから優先して開封することにしました。
懐かしきかな「Bloody Call」。
PCでプレイしたのが随分と昔に思えます。

で、プレイしてて思ったことは・・・・読み込みに時間かかりすぎ!!!!
インストールできないタイプなのですが、そのせいでディスクの読み込み音半端ないですよ。
音声0にしてるんですが、設定で更に音声+BGM共にオフにさせていただきました。
PC版ではさくさくプレイできていたので、それだけで私のやる気ゲージが大幅にダウンです・・。

あと、これはどうしようもないことなんですが、画面が小さいのでキャラの目の変化が凄くわかりにくいです。
PC版では比較できるようにでしょうか、頻繁にキャラのアップ画があったのですがPSP画面は小さいので全然わからないよ!
これは移植失敗でしたね。
追加で後日談やEDが増えてなきゃ購入はしないでしょう(苦笑

ヒロインの双葉ちゃんは、しっかりとした意思を持っていますが基本的には足手まとい要員です。
バトルシーンで「コイツ!!!!」とか思う人も多いと思います。
私は嫌いじゃないですが、「危ないから一人で行動したらダメ!」といわれてるのに再三度抜け出して危ない目にあってしまうという、「英国探偵ミステリア」のヒロイン以上に我が道を行きますw
そんなヒロインでも大丈夫な人向けです。
個人的にはヒロイン視点よりも男性キャラ視点のところが好きですv
そして、血が付いてるキャラの立ち絵が好きです!!

久々に頑張ってクリアしようと思います。

Powered by FC2 Blog

Copyright © 猫のように All Rights Reserved.